SXSWに参加する前に準備しておくべき7つのこと


SXSWをより楽しむために準備しておくべきことをまとめてみました

はじめまして。フンザの松浦がアメリカのオースティンよりお届けします。

今回は実際にSXSW2013に参加して思った「事前に準備しておくべきこと」を来年参加する方向けにメモを残しておきたいと思います。

1.どのセッションに参加するか

sxswapp

毎日かなりの数のセッションがあるので、どの内容(人)の話を聞きたいか事前に決めておきましょう。
公式アプリでは、セッション内容を調べたり、スケジュールを組めたりできます。
また、facebook連携すると友人の参加予定のセッションも見れるのでかなり便利です。

●参考サイト
SXSW2013アプリiOS版
SXSW2013アプリAndroid版

2.海外で利用可能なwifi機器

wifi

SXSWの施設内ではwifiが飛んでいるのですが、
なかなかつながらないので持参が◎
レンタル料はアメリカで使う場合1日1,000円ぐらいです。今回は成田空港で予約なしで借りました。

●参考サイト
成田空港・羽田空港(wifiレンタル)カウンター|テレコムスクエア

3.充電器

battery

SXSWの施設内にも電源がたくさんありますが、持ち運びできる充電器があると便利です。
僕はiPhoneを最大2回フル充電してくれるPanasonicの充電器を持っていきました。

●参考サイト
Panasonic USBモバイル電源 リチウムイオン 5,400mAh 白 QE-QL201-W

4.マルチタップ

malti

ホテルの一部屋を複数人で宿泊する際に必須となるのがマルチタップ。
なにかと充電が必要なガジェットって多いですよね。
今回は宿泊メンバー1人1個マルチタップを持参するという準備周到すぎるレベルでしたが、結果的には毎晩マルチタップが全て埋まるという大盛況ぶりです。

●参考サイト
ELECOM ぬけ止めマグネット雷タップ T-Y04A

5.ダウンタウンから近いホテルの予約

hotel

メインの会場となるAustin Convention Center近辺のホテルを取ると移動時間と移動費用がかなり削減されます(その分宿泊費はかさんでしまいますが、、現地でしか体験できない時間の方が大切ですよね)。
SXSWの公式サイトで多くのホテルが用意されていますが、バッジを事前に購入していないと予約できない仕組みになっているので要注意です

少し話は変わってしまいますが、この機会にAirbnbやCouchsurfingといった海外の宿泊系のサービスを使ってみるのもいいと思います。
AirbnbのCEOであるBrian Cheskyが登壇したセッションに参加したのですが、セッション参加者の1/3以上がSXSW開催中にAirbnbを利用しているという事実を知り、こんなに当たり前に使われているのか!と正直驚きました。

●参考サイト
Housing updates | SXSW 2013
Airbnb
Welcome to Couchsurfing! – Couchsurfing

6.多少の英語力(特にリスニング)

english

セッションは英語で行われるので英語苦手っていう方はリスニングを鍛えておきましょう!もしくは、英語がバリバリ出来る人とセッションに参加して分からない部分を逐一質問しながら参加するのもいいと思います。

7.美味しいご飯屋さんリスト

food

オースティンはメキシコ料理(タコス)やテキサス料理(ステーキ)が有名です!
SXSWに参加した事がある人にどこに美味しいご飯屋さんがあるかヒアリングしておきましょう。
ただし、美味しいご飯に巡りあったとしても、やはりそれは外国の味。
「日本に帰ったら最初に何を食べようかな…」と考えながら毎晩眠りにつくのは海外あるあるですよね。

以上、SXSWに参加する前に準備しておくべき7つのことをお送りしてきましたがいかがだったでしょうか。

来年こそは!と考えている方はぜひ参考にしてみてください。

オースティンで毎晩がんばってウェブサービスの新企画MTGをやっています!

@hunza_jpでツイッターもやってます。フォローよろしくお願いします。